8月1日は麻雀の日

麻雀の日

8と1でパイ、ということで8月1日が麻雀の日となったようです。
いつも天鳳で打ってるから実物の牌とは無縁ですけどね


話は変わりますが、ブログのタイトルを変更することを検討中。

・タイトルみてもイメージがわきにくい
・タイトルと内容が合致しない
・《徒然》が検索にひっかかりにくい

問題点しか挙げられないくらいひどいかも。
スポンサーサイト

記憶の観点から考察する牌効率の学び方

牌効率に関する書籍や記事が巷にあふれている今日。

しかし「どの順番で」学べばよいかを指南するものは意外と少ないです。

今回は人間の記憶の性質から牌効率の学び方を考察します。


前提1 長期記憶にとどめるようにする

言うまでもなく牌効率は長期間に渡って記憶しておかなければなりません。
そのため反復してひたすら練習するのが大前提です。

前提2 単純な要素から成り立つものから学ぶ

まだターツの価値の差や単純な受け入れ枚数も分からないうちに、リャンシャンテンより遠い手牌やシャンテン戻しなど複数の要素(順目やテンパイ時の良形率、打点など)が混在している手牌を学ぶのは得策ではありません。
直接の受け入れと良形率、あるいは良形変化をてんびんにかけるような手牌を扱う前に、○を切れば良形率も直接の受け入れも最大になるよ、というところから学ぶべきです。


これらをふまえてどういう順序で学ぶべきかが見えてきます。

1 面子を作るターツの受け入れとその比較

まずは面子ってどうやってできるの?からスタートします。
個人的にはここでトイツの面子になる受け入れは2枚、ではなく相方の雀頭と合わせれば4枚だということを学んでほしいです。

2 ターツを作る孤立牌の受け入れとその比較

1より5のほうがいっぱいターツを作る受け入れが広いね、ということです。
まだこの段階では14白とあったら孤立1を切れ、とは学ぶ必要はありません。
受けかぶりはまだ考慮しません。

3 1シャンテン形の分類を覚える

名前は場所によって変わりますがすごく有名な分類です。

○ターツ確定形

一萬二萬三萬伍萬伍萬六萬三筒四筒六筒七筒八筒九索九索

○くっつきテンパイ

一萬二萬三萬伍萬二筒三筒四筒七筒一索一索六索七索八索

○ヘッドレス形

一萬二萬三萬四萬伍萬六萬六筒七筒八筒二索三索七索八索

これらの形で受け入れは基本的に
くっつきテンパイ>ヘッドレス形>ターツ確定形
となっています。
今回は牌効率の講座ではないので詳しく解説はしませんがかなり重要です。
このあたりまで勉強すれば半荘てまったくテンパイできなくて負ける、ということはかなり減ります。

4 鳴きや良形率・打点などの要素を考慮して1シャンテンを捌けるようにする。

受け入れ枚数が数えられるようになったらいよいよ実戦的な内容に進みます。
たとえば、


二萬三萬四萬七萬八萬八萬九萬六筒七筒三索四索六索七索八索

この手牌では8mを切ってヘッドレスにしたほうが受けが広いですが79m落としが正解になります。

5 2シャンテンより遠い手牌の牌理の勉強をする

なぜ2シャンテンより遠い手牌のことを後回しにしたかというと、
2シャンテンの手牌で受け入れを枚数を最大にすると誤打になることがしばしば起こるからです。
他にも1シャンテンと比べて単純に正解が求めにくい、という事情もあります。
具体的には

一萬一萬一萬伍萬伍萬六萬三筒四筒二索三索七索八索中中

こういう手牌からどこかのリャンメン落としが起こるからです。
(分かりやすいように中のトイツにしてますが、オタ風のトイツでも打五は疑問手)

ここに至るまで1シャンテン以下の話しかしてこなかったのはこのためです。

また、14の1は役牌よりもとっておく、という孤立牌の細かな扱いもここら辺から学びはじめるのがベターです。
変化や受けかぶりといった、かなりレベルの高い知識なのでこの辺りにならないと理解(及び記憶)しにくいです。


さて、今回記憶の性質に則った牌効率の学ぶ順番の考察は終わりです。
順番逆にしたほうがいいんじゃない?とかなんでその牌切るの?とかあればコメントで知らせてください(∵



ターツオーバーvs5ブロック

現代麻雀技術論のターツオーバーに受けるとき、という内容がすごく難しいのでまとめてみました。

原則 5ブロックと6ブロックでは5ブロック有利
334の複合ターツから3を切ってターツオーバーに受けるよりも他の(トイツ以外の)ターツを切ったほうが聴牌までのスピードが速い場合が多いです。
ただし面前限定の場合はたいてい平均聴牌順目にして、1順よりも小さな差になります。

一萬一萬一萬三萬四萬四萬二筒三筒七筒八筒六索七索九索九索

例えばこういう牌姿ではどこかのリャンメン落としが正解になるわけです。
(実践で4m9sが場に3枚切れて打4mとすることもあるが)

※追記
この牌姿でリャンメンを落とす場合、どこを落とすかには牌効率的に有意な差が生まれる、ということに気付きました。
何を切ればいいか考えてみてください。

逆に、良形聴牌のなりやすさや高打点の受け入れに大差がある場合はターツオーバーに受けます。
 


牌姿1

八萬九萬五筒六筒七筒八筒九筒一索一索二索七索八索發發

打→二索

三色と役牌が狙える手牌。
ピンズのリャンメン落としで三色に限定してしまうと悪形になりやすい。
ソーズの部分もペンチャンやカンチャンなら良形聴牌になりにくいので打56pも有力かもしれない。

牌姿2

一萬二萬三萬四萬六萬八萬九萬四筒六筒八筒四索六索九索九索

打→四索

一通と三色の両てんびん。ただしどのカンチャン・ペンチャンも手役が絡むときは確定形。
9m切りは高打点の受け入れが3種12枚しかなくなるので論外。
一見、打8pとなりそうだが受け入れ枚数を比較してみると、
(間5mは固定なのでそれ以外で比較)

打8p→7m5p5s 3種12枚
打4s→7m5p7p 3種12枚

と受け入れ枚数が同じなので1向聴のときにリャンカンが残る打4sが有利。
7sをツモったとき牌姿3の変化になるので切るのは4sから。

牌姿3
一萬二萬三萬四萬六萬八萬九萬四筒六筒八筒六索七索九索九索

打→九萬

今度は678の三色と一通の両てんびん。
クソ聴牌にしかならなそうなこんな手牌でも面前で仕上がる可能性もあるので今度は受け入れ枚数と良形聴牌のなりやすさの点で9m切り。