役を難易度の割に合う翻数にしてみた

三槓子とか三色同刻とか混老頭とか難易度の割に点数が低いとかいわれている役の翻数を役の出現確率に比例させてみました。
まったくもって無意味な記事です。
データは天鳳(4月7日のもの)一般卓・南喰赤ランキングを使用して立直の1翻数を基準に、
(ある役の出現確率)×(ある役の翻数)=(立直の出現確率)×(立直の翻数)
を基準に求めてみました。
出現確率に翻数が比例するようになっています。
ちょっと考えればこの計算は全く無意味だが気にしない。
ちなみに食い下がりは考慮していません。

1翻役

立直
赤ドラ    (1.0翻)
役牌     (1.1翻)
ドラ     (1.1翻)

2翻役

断幺九     (2.0翻)
平和      (2.0翻)
門前清自摸和  (2.3翻)

3翻役

裏ドラ     (3.0翻)

4翻役

一発      (4.3翻)

7翻役

混一色     (6.8翻)

9翻役

一盃口     (9.0翻)

10翻以上の役

三色同順  12翻   (12.0翻)
対々和   13翻   (12.6翻)
七対子   17翻   (16.5翻)
一気通貫  25翻   (25.2翻)
混全帯幺九 36翻   (35.8翻)
清一色   47翻   (47.8翻)
三暗刻   58翻   (58.1翻)

100翻以上の役

純全帯幺九 116翻  (116.2翻)
海底摸月  116翻  (116.2翻)
嶺上開花  148翻  (148.2翻)
両立直   226翻  (226.3翻)
小三元   307翻  (307.1翻)
混老頭   614翻  (614.2翻)
三色同刻  769翻  (768.9翻)
二盃口   811翻  (811.3翻)
槍槓    956翻  (955.5翻)

1000翻以上の役

三槓子   8269翻  (8269.2翻)


()の中の数字は計算で出た値で切り上げて計算してます。
この翻数を採用すれば麻雀は手役を作る能力が必要な
実力が出やすいゲームになりますね(笑)
最後に結論をまとめてこの記事を終えたいと思います。

結論:比例させればいいってもんじゃない。



スポンサーサイト

コメント

No title

わはははは!2^8269!!
宇宙(コスモ)を感じろってことか!

No title

大四喜とかのクラスになると2^10000は軽くこえるので三槓子は宇宙(コスモ)麻雀では安手かもしれないです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)