スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対局中の発言について

対局中に不用意に手牌に関する発言をすると
例え事実であろうとも特定他家の利益や不利益になることがある。

2013120220gm-0009-7201-cbc1151etw=1ts=6.jpg

たとえば上の局面でトイメンが「嫌った間3ソーきちゃったよー」と事実をぼやいたとする。
これでメンツ手がほぼ確定、チートイの可能性がなくなってしまう。
またソーズの下の部分でメンツができていない可能性も高い。

こういうときにターツ選択に影響がでる。
三索三筒四筒六筒七筒八筒三萬四萬七萬七萬七萬八萬八萬 四索
こういう手牌が親に入っていれば2ソーはDさんの手牌にないと考えてピンズか萬子のターツを落とすだろう

ここで親がターツ選択を成功させ、和了になることもあるのが麻雀の理不尽なところである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。