スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターツオーバーvs5ブロック

現代麻雀技術論のターツオーバーに受けるとき、という内容がすごく難しいのでまとめてみました。

原則 5ブロックと6ブロックでは5ブロック有利
334の複合ターツから3を切ってターツオーバーに受けるよりも他の(トイツ以外の)ターツを切ったほうが聴牌までのスピードが速い場合が多いです。
ただし面前限定の場合はたいてい平均聴牌順目にして、1順よりも小さな差になります。

一萬一萬一萬三萬四萬四萬二筒三筒七筒八筒六索七索九索九索

例えばこういう牌姿ではどこかのリャンメン落としが正解になるわけです。
(実践で4m9sが場に3枚切れて打4mとすることもあるが)

※追記
この牌姿でリャンメンを落とす場合、どこを落とすかには牌効率的に有意な差が生まれる、ということに気付きました。
何を切ればいいか考えてみてください。

逆に、良形聴牌のなりやすさや高打点の受け入れに大差がある場合はターツオーバーに受けます。
 


牌姿1

八萬九萬五筒六筒七筒八筒九筒一索一索二索七索八索發發

打→二索

三色と役牌が狙える手牌。
ピンズのリャンメン落としで三色に限定してしまうと悪形になりやすい。
ソーズの部分もペンチャンやカンチャンなら良形聴牌になりにくいので打56pも有力かもしれない。

牌姿2

一萬二萬三萬四萬六萬八萬九萬四筒六筒八筒四索六索九索九索

打→四索

一通と三色の両てんびん。ただしどのカンチャン・ペンチャンも手役が絡むときは確定形。
9m切りは高打点の受け入れが3種12枚しかなくなるので論外。
一見、打8pとなりそうだが受け入れ枚数を比較してみると、
(間5mは固定なのでそれ以外で比較)

打8p→7m5p5s 3種12枚
打4s→7m5p7p 3種12枚

と受け入れ枚数が同じなので1向聴のときにリャンカンが残る打4sが有利。
7sをツモったとき牌姿3の変化になるので切るのは4sから。

牌姿3
一萬二萬三萬四萬六萬八萬九萬四筒六筒八筒六索七索九索九索

打→九萬

今度は678の三色と一通の両てんびん。
クソ聴牌にしかならなそうなこんな手牌でも面前で仕上がる可能性もあるので今度は受け入れ枚数と良形聴牌のなりやすさの点で9m切り。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。