スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀の戦略を語るときの反省点

しばらくぶりの更新

最近、麻雀の戦術の議論をしたときに反省せねばならないところがあった

根拠となる数字やデータを出していないのである

先制リーチを受けてとても攻められない手牌で現物がない
その場合は相手の捨て牌を見て複数の筋を踏まない切り方・・・
例えば相手の捨て牌に⑦があるときには①,④を切り
複数の無筋の牌を切らない、という手順がある


こういう主張をするときには
無筋①と中筋④(または片筋④と筋①)の放銃率のデータを持ってきて
放銃をこれくらい減らせますよと数字で表現すべきだった

計算できる数字で表現すれば誤りがないか誰でも検討できる
検討してもらえればより効果的な手順が見つかることもあるだろう


○まとめ
検討の余地のない、つまりはどの程度正しいか調べられない意見は
(正誤は別として)戦術論としてはまったくの無意味
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。